Build The Millennium Falcon issue88,89

f:id:hynm_moriyama:20170918015404j:image

マンディブル製作もひと段落して次の作業が楽しみだったファルコンの88,89号デリバリー。

いよいよ上下パネル合体に向けての作業です。

f:id:hynm_moriyama:20170918015419j:image

すでに塗装済みの下面に後部スラスター(?)ドライブ部の電飾作業から。

同じボックスを2つ用意してLEDのテープ貼り付け、そして取り付けで88号は完了。

f:id:hynm_moriyama:20170918015432j:imagef:id:hynm_moriyama:20170918015442j:image

取り付け箇所は意外に奥まって設置。

遮光の処理が上手くいくのか(工夫して内張りしたりとかニガテ)今から心配ですけど…。

f:id:hynm_moriyama:20170918015454j:image

 点灯テストもバッチリ★

ついでに搭乗ランプの上げ下げもまたテストしときました^^

f:id:hynm_moriyama:20170918015504j:image

続いての89号は店内インテリアを下面へ設置。

通路チューブのほとんどが仮止めだったため、一回バラして再接着。

おそらく中開けてみることなんて出来上がっちゃったら皆無だと思う&ほしかったのはプロップのレプリカなのでインテリアに凝るモチベーションにはならず、キット通りの仕上がり^^ 

f:id:hynm_moriyama:20170918015513j:image

ここまでで89号も完了です。

 

100号の完成まで残すところもあと20号。下面以外の塗装がまた最大の難関ですが、終わりも見えてきたところでやってきたBANDAIさんの究極ファルコン。

p-bandai.jp

epi.Ⅳの1.7mサイズプロップを正確に再現、既存のデカールをふんだんに使用したユニークな撮影模型がキット化されるのは初。

 

もちろんepi.Ⅳ時だけだった3本脚のプロポーションは夢のような存在です(作っているディアゴも過去に作ったファインモールドもepi.Ⅴ版)。

#International Tokyo Toy Show 2017 - 蛍雪ジェダイ 

二の足を踏んでしまうのはそのサイズ。

1/72はファインモールドのファルコンと丸かぶりで、"もう一個は要らないかー"と何度言い聞かせたか^^;

 

f:id:hynm_moriyama:20071102130254j:plain

 

この数週間の間、何度もカートに入れ、そして出してと繰り返していましたが、先日公式サイトにてマーキング・ロケーションのpdfが公開。

 

 

バンダイホビー事業部の開発ブログさんも追い打ちをかけます。
【SW】拘りご紹介コラム第5回 約48.2㌢のキットに詰め込むもの - ホビー事業部の開発ブログ

 

 

下面後部に"DRIVE SAFELY"の文字(epi.Ⅳモデルの特徴)を見つけて興奮のまま予約してしまいました😱

 

'BUILD THE MILLENNIUM FALCON'はまだまだ続きそうです。