読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trailer-2

お休みの今日は出かけた奥さんと池袋で待ち合わせ。
数年前に買ったきりのadidasのジャージを引っぱり出しました。

jamiroquaiのジェイ・ケイがかっこよくジャージを着こなしていたのにあこがれただけなんだけど…まぁ仕上がりはこんな感じ(^^ゞ 

https://instagram.com/p/9yDleaR-7L/

 

お昼を抜いていた奥さんは空腹の限界でSAKURA CAFEにてサクラパンケーキを。
とうぜんインディも狙って…
 f:id:hynm_moriyama:20151107232120j:plain

 …てな、おやすみでした。

 

11月4日(4thフォースNov.)には12月18日SW公開日のチケット販売についての情報解禁…とはいえ、初日三日間の特典の発表のみで結局座席指定に関しては各劇場サイトにて…という”どうやって”という肝心な情報はなし。
オンライン購入開始時間にみんながPCの前に貼りつく姿が容易に想像できます(´Д⊂ヽ

 

その後は公式サイトに各キャラクターのポスターが公開☆

www.starwars.com

仕上がりが心配だったレイアおばあちゃんもこれなら納得です。なんせ映画史に残るセクシービキニ姿(SWファンでなくともそう思う!)の主ですから、なるべくなら子どもの頃の夢を壊さないでほしい。

 

…で、問題は公式ポスターにも姿のなかったルークは相変わらず登場せず。JJも意図的に公開していない風のコメントをしていますが、わたしの想像するところではやはりジェダイの生き残りとしてヨーダのような意表を突いた登場をするということでしょう。

 

リークの仕方もツボを心得た演出といえます。

 

 

さらに、予告編第二弾も公開。

予告編で萌えるのはSWの世界観とリアルなドッグファイトだけでなく物語の片りんも読み取れること。
※エピソード4撮影当時、ルーカスはデススター・アタックを準備する特撮班に第二次世界大戦のガンカメラなどドッグファイトの映像の数々を研究させてこういう臨場感を目指してほしいとリクエストしたのは有名です。

どうやら主人公のレイやフィンほか登場人物の暮らす一般の世界ではルークたちが闘った先の大戦の発端がシスとジェダイの対立だったことは知らされていないらしい(ハンのセリフ”全て真実だ”)…。

 

これは面白い展開です。

ジェダイの復讐”から32年待たされた続編。まだまだ期待と不安が入り混じる状態ですが、期待を裏切らない納得のストーリーであれば、少なくとも変な動きと喋りかたで出てくるたびにスベりまくる変なCGキャラ(彼は彼で愛すべき存在に違いありませんが)に悩まされる心配だけはなさそうです(・∀・)

 

先日、SW好き親子との会話で息子さんが幼少のころからエピソード1から見始めてSWファンに。アナキンがヒーローだったのに、エピソード3でパルパティーンの顔が変わるあたりからソファの後ろに隠れておそるおそるのぞき見るようになり、ラストまで見終わったら蒼白になって”もう続きは見ない”とトラウマになってしまったというお話を聞きました。

僕ら往年のファンは結末がわかった(エピソード4につながるという意味で)うえでプリークエルは見ていましたが、幼い子にそんな体験させたとはなんと罪な…。

 

新作公開で盛り上がっている中、これを機に過去作を予習しようというビギナーの方々、くれぐれも製作順に観る(エピソード4,5,6から)事をお勧めします!